デリケートゾーンの黒ずみは、不潔に見られる?

デリケートゾーンの黒ずみは、服を着ている時は他人に見られる心配はありません!

でも、逆にデリケートゾーンの黒ずみを普段見られないからこそ、たまに見られた時の衝撃は大きいというもの。

デリケートゾーンの黒ずみは見られると恥ずかしい

たとえば・・・友達や同僚との温泉旅行。
脱いだ瞬間「え?」「うわっ、ひどい黒ずみ!」と思われるの、イヤですよね。
デリケートゾーンをまじまじ見るひとはあまりいませんが、それでも視界に入ってしまえば「黒ずんでいる」と分かり、驚きが大きければ大きいほど記憶に残ってしまいます。

もしかしたら会社でひそひそ噂話をされるかもしれません。また、同性だけでなく男性と良い雰囲気になったとき、見られて引かれるということもあります。

どれだけ可愛い下着をつけて、毛の処理もばっちりでも、デリケートゾーンが黒ずんでいては雰囲気が台無し。「不衛生にしているから黒ずんでいるの?」「剃りすぎたせい?そんなにデリケートゾーンを剃らなきゃいけないなんて、自分以外の男にも見せてる?」そんなふうに疑われ、彼氏にフラれたという女性もいるくらいです。

自分自身「あそこが黒ずんでいるなんて恥ずかしい」「彼氏ができても、見せられるようなデリケートゾーンじゃないし…」と、自信がもてない原因にもなります。

デリケートゾーンの黒ずみは、一生そのままではありません。
適切な処置をすることで薄くなり、やがてほかの肌と同じくらいきれいな色になります。
見られてつらい思いをしないように、適切なケアで治していきましょう。

デリケートゾーンの黒ずみケア商品

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

ハーバルラビットナチュラルゲルクリームのバナー


ハーバルラビットナチュラルゲルクリームの公式サイトへ

ヴィエルホワイト

ィエルホワイトの公式サイトへ


ヴィエルホワイトの公式サイトへ

デリケートゾーンの黒ずみ解消にオススメ

ヴィエルホワイトとは、デリケートゾーン(ビキニライン)の黒ずみ、毛穴、乾燥ケアのために作られた美白エッセンスです。

デリケートゾーンの黒ずみををどうケアして良いのか分からない方や、美容外科へ行きたいけどお金がない方、黒ずみケア石鹸では効果が出なかった方に支持され効果を実感されています。

ヴィエルホワイトの本体

ヴィエルホワイトは、「トラネキサム酸」「グリチルリチン酸2K」が主成分。トラネキサム酸は人工合成されたアミノ酸で、抗炎症、抗アレルギー効果があります。

メラニンの生成を抑制する作用もあることから、美白効果も期待できます。グリチルリチン酸2Kには抗炎症作用があり、黒ずみのほか赤みや発疹をおさえる効果が期待できます。

外観の成分表

このほか、ヒアルロン酸、スーパーヒアルロン酸、加水分解ヒアルロン酸の3種類のヒアルロン酸や、水溶性コラーゲン、カモミラエキス等も配合されており、保湿効果も期待できます。無添加で低刺激のため、デリケートゾーンでも安心して使用することができるケア商品です。

60日間全額返金保証もあるため、肌に合わない時や効果が実感できないときは返金してもらうことができます。

>>>レビューはコチラへ<<<


ヴィエルホワイトを使った実に9割以上の女性は、ヴィエルホワイトの効果を実感し、黒ずみ軽減に満足しています。口コミも多く「黒ずみがなくなり、水着も自信を持って着られるようになった」「ママ友との温泉旅行が、気軽に行けるようになりました」「彼氏に見られても、堂々としていられる」と、効果を実感する声が届いているヴィエルホワイト。

an・anをはじめとする、数多くの女性雑誌でも取り上げられ、注目を集めています。
ヴィエルホワイトの使い方はとても簡単。

朝晩2回、プッシュしてデリケートゾーンにつけるだけ。
ボトルも化粧水のようなので周りに気付かれないという特徴があります。

1本30g入り、約1ヶ月分。通常価格9,960円。
毎月届く定期プログラムにすると、1回あたり5,960円。

単品購入すると送料が発生しますが、定期購入にすると送料無料になります。また定期購入すると、4回目から5%オフ、7回目から10%オフになり、お得にヴィエルホワイトを購入することができます。

ヴィエルホワイトの公式サイトへ

デリケートゾーンの黒ずみの原因って何なの?

デリケートゾーンの毛をきれいに剃ったのに、肌が黒く見えてしまう。

黒ずみになる原因は何?

それは肌が「黒ずんでいる」状態です。

デリケートゾーンだけでなく、脇や鼻
お尻にもできる「黒ずみ」。

シェーバーで剃ったのに、肌そのものが黒っぽくなっているため、見た目も悪く、不衛生に見えたり、実年齢より老けてみられてしまいます。

黒ずみをなくすためにはどうしたらいいのでしょうか?
その原因を探るために、まずは黒ずみは何故できるのかを見て行きましょう。
色素沈着

肌の構造

肌の一番上、目でみて分かる部分を「表皮」といいます。
この表皮には、色素細胞というものが存在しています。

色素細胞はメラニン細胞とも呼ばれており、表皮の約8パーセントが、この色素細胞で構成されています。色素細胞は、黒ずみのもととなる「黒い色素」=「メラニン」を作り出す役目があります。

肌が紫外線やシェービングで刺激を受けたとき、この働きが活発となり、メラニンがたくさん作られます。「メラニンのせいで肌が黒くなるんでしょう?」「黒くなりたくないから、メラニンなんて出なくていいのに!」と思う方もいるかも知れませんが、メラニンは身体にとってとても大切な物質です。

メラニンは入ってきた紫外線を吸収してくれるので、メラニンのおかげで、肌が火傷状態にならずに済んでいるのです。通常、このできたメラニンは肌の生まれ変わりとともにはがれ落ちなくなります。

この働きのおかげで、日焼けをしても、またもとの肌に戻ることができるのです。
しかし肌の生まれ変わりが遅い場合、いつまでもメラニン色素が肌に残ってしまい
色素が沈着することで、肌の黒ずみになってしまうのです。

メラニン色素は紫外線だけが原因ではありません。

シェービングのしすぎで肌が刺激されていたり、虫刺されや炎症、にきび、吹き出物の痕も、メラニン色素が沈着しやすい状態です。とくにデリケートゾーンの黒ずみは、日焼けによる色素沈着ではなく、シェービングによる色素沈着が原因の方がほとんどでしょう。
乾燥
濡れたタオルは柔軟性がありますが
乾いてバリバリになったタオルは固くて柔軟性がありませんよね。

それと同じで、肌も潤いがあったほうが、やわらかく、柔軟性が生まれるのです。
肌が固いと、毛穴がなかなか広がらない状態になっています。

潤いがあると黒ずみも防げる


潤いがある肌なら、すぐにほぐれて広がり、汚れも出て行きます。
しかし固ければ汚れや皮脂が出て行きにくく、たまった状態が続くのです。毛穴に汚れが蓄積されると、だんだん黒く見えるようになります。

「剃ってないのに黒ずんでる」「脱毛したのに、黒ずみはとれない」というひとは、乾燥により肌が固くなり、毛穴に汚れがたまっている可能性があります。
血のめぐりの悪さ
冷えやストレス、栄養不足が原因で
血のめぐりが悪くなると「お血(おけつ)」という症状がでます。

おけつとは、血の流れが滞ってしまった状態です。

血流が悪いと肩こりになりやすい

血のめぐりが悪いと、肌がくすんで黒ずみのようになるほか、しこりができたり、肩コリや頭痛がひどくなる、目の下のくま、しみやそばかすができるといった症状が現れます。

とくに血流が滞ると、心臓から遠く、新しい血液がいきわたりにくい下半身に症状が現れやすくなります。

デリケートゾーンの黒ずみは色素沈着や乾燥と思って、美白ジェルを使ったり、保湿しても治らないという方は、血の巡りの悪さが原因かもしれません。

デリケートゾーンの黒ずみケアを始める時期

「いまさら黒ずみケアなんて」「もう絶対治らない!」そう思っている方
いまからでも全然遅くありませんよ。

黒ずみは、肌の産まれ変わりとともに自然になくなっていきます。
その産まれ変わりを助けるのが、日々のケアなのです。

日々のケアは大切


たとえ40代でも、50代でも、肌は産まれ変わりますから、ケアをしてやれば必ず黒ずみは薄くなっていきます。
「いまさら誰にも見せないし」と思っている方、温泉やお友達同士の旅行は行きませんか?

日常においても、パートナーの方に見られることはありませんか?
ふとしたときに見られて恥ずかしい思いをするのが、デリケートゾーンの黒ずみなのです。

「もう歳だから仕方ない」と諦めたり、見て見ぬふりをしないで
気になった時にケアをはじめましょう。

もちろん若い方も、思い立ったその日がケアの始めどきです。秋〜冬からケアをはじめておけば、夏、プールや海に行く時期にはかなりマシになっているはずです。冬であれば、紫外線をほとんど浴びることがありませんから、黒ずみがひどくなることもありません。

ケア商品は通年販売されていますから、気になったらなるべく早く始める。
これが黒ずみを消す最良のタイミングですよ。

授乳中、乳首の黒さ…いつかは治る?

デリケートゾーンの黒ずみとともに、気になるのは「乳首の黒ずみ」かと思います。

乳首の黒ずみは、とくに妊娠&授乳しているひとが気にしているようです。

授乳中により色が変わることもある

それもそのはず、乳首は妊娠すると、赤ちゃんに「ここがおっぱいだよ」と教えるために、どんどん黒くなるのです。これは、メラニン色素の沈着とはちがい、ホルモンバランスの変化によるものです。乳首の色は、授乳が終われば少しずつ元に戻ってきます。ただし、赤ちゃんに吸われることは刺激となり、それが原因でメラニン色素が沈着することもあります。

そうなってしまうと、黒ずみもなかなか治りません。乳首の色を早く元通りの色に戻したいと思ったら、授乳中であっても乳首のケアをしたほうがいいでしょう。

乳首の場合、赤ちゃんの口にクリームなどが入ってしまうのは嫌ですよね。ケア商品を選ぶときは、赤ちゃんに害のないワセリンなど保湿できるものを選ぶといいでしょう。サプリメントなどで、体内から代謝を促すと、赤ちゃんに害なく乳首の色を元通りにすることができます。

サプリメントを選ぶときも、授乳中でも飲めるビタミン剤などにしておくと安心です。
デリケートゾーンと一緒にケアすると一石二鳥です。

デリケートゾーンの黒ずみになりにくい衣類の素材

デリケートゾーンの黒ずみの原因のひとつに下着や衣類による締め付けがあります。

締め付けをやめるとともに、できるだけ黒ずみになりにくい「素材」でできたものを選ぶようにしましょう。一番良いとされているのが、綿(コットン)やシルク、麻(リネン)でできているものです。

生理用品も気を付けよう

天然成分でできたものは、肌を傷つけず、優しく包み込んでくれます。逆にレーヨンやポリエステル、ナイロン、キュプラ、ポリノジックといった化学繊維や再生繊維は、肌を傷つけ黒ずみになる恐れがあります。手触りや見た目はかわらなくても、やはり人工的に作られたものは、繊維がとがっていたり、刺激が強かったりするのです。

自然の素材でできているもののほうが、通気性がよく、汗をよく吸い、肌を清潔の保てるという利点もあります。下着だけでなく、女性の場合は生理用品も気をつけてみてください。市販の紙や不織布でできた使い捨て生理用品は、肌が蒸れたり、傷ついたりして、デリケートゾーンの黒ずみにとっても良くありません。

最近流行っている布ナプキンなら、肌にやさしく、下着をつけるのと同じ感覚で、肌へのダメージを最低限でおさえられます。最近では、外側につける生理用品だけでなく、膣の内側にいれて使うカップタイプの生理用品も人気です。

内側につけるものなら、デリケートゾーンを刺激せずに着用できますから、検討してみる価値はあると言えます。このほか、日常的に肌に触れるタオルやトイレットペーパーなども、自然のものにしたり、肌に優しいものにしてみてください。

毎日すこしの刺激でも減らしていけば、デリケートゾーンの黒ずみ解消につながりますよ。

デリケートゾーンの黒ずみは、エステで解消できる?

エステで「黒ずみがなくなる!」とCMしているところもあります。

それは、ほとんどが「顔の黒ずみ」であり「鼻」や「頬」につまった、角栓や皮脂です。皮脂や角栓が原因のものは、スチームでふやかして、スポイトのような器具や、ヘラのような器具を使えば、その場である程度除去できます。

同じく皮脂や角栓が原因であれば、ボディであってもエステで治すことは可能です。しかし、デリケートゾーンの黒ずみは、皮脂や角栓がメインではなく、下着のこすれやシェービングのしすぎが原因です。

そういった黒ずみは、エステのケアではほとんど治りません。
そもそもデリケートゾーンのケアは一切行っていないというサロンも多くあります。

エステのキャンペーンを利用する

デリケートゾーンのエステがまったく効果がないわけでもありません。エステの黒ずみ除去コースではなく、リンパマッサージや代謝を良くするコースなど、肌の新陳代謝を良くするものを選べば、除去もある程度可能でしょう。
エステサロンの場合、独自の美白化粧品や、ケア商品を販売しているところもあります。

そういった商品とエステを合わせて行うことで、マシになったというひともいます。

「試しても価値はない」と最初から思いこまず、エステを利用してみるのもオススメです。
ホットペッパービューティなどには、エステを安い価格で体験できるクーポンもあります。

初回のみお試しキャンペーンを実施しているサロンも多いので、リラクゼーションも兼ねて利用してみるのはいかがでしょうか。

http://脱毛ラボ・新潟店.xyz/