デリケートゾーンの黒ずみは皮膚科で治る?

「黒ずみなんて皮膚科では治療できないよね?」「自然と治るのを待つしかないの?」
そう思っている方もいるでしょう。

しかし、デリケートゾーンの黒ずみは、皮膚科や美容クリニックで治療できます。
治療することで、自力でケアしたり、肌の産まれ変わりを待つよりずっと早く
黒ずみを解消することができます。

皮膚科による施術

皮膚科でできる黒ずみ治療は、いくつかあります。まず、レーザー治療。レーザーの光と熱を肌に当てることで、毛穴に埋まってしまった垢や角栓、角質を取り除くことができます。

医療用レーザーには肌を刺激し、新しい肌に生まれ変わらせる力もあるので、レーザー治療をすれば肌の代謝も促進できます。レーザー治療は5分〜10分程度でできますし、照射レベルを調整すれば痛みもほとんど感じず、麻酔をする必要もありません。

このほか、肌を強制的に生まれ変わらせる治療に「ケミカルピーリング」というものがあります。薬液を肌に塗布し、肌を溶かす方法です。

表面の肌が溶けることで、汚れて黒くなってしまった表皮を除去できます。
乾燥で固くなってしまい、産まれ変わる力が弱くなっている肌に最適な治療方法です。
ケミカルピーリングをすることで、新しい肌を呼び起こすことができます。

ケミカルピーリングと同時に行いたい治療に「イオン導入」があります。
イオン導入とは、イオン導入機という機械を使って、肌の深いところまで美容成分を届かせる施術です。
ケミカルピーリングのあとイオン導入を行うことで、肌の深部に栄養素を行きわたらせ、健康な肌を作ることができます。

治療の内容にもよりますが、費用は5,000円〜3万円くらいです。
どれも1回では終わらず、3〜5回くらい通院する必要があります。

これらの治療と合わせて、自宅で美白クリームを塗ったり
代謝を高める食生活をすることで、デリケートゾーンの黒ずみを解消することができます。

デリケートゾーン(陰部)黒ずみ