代謝を良くして肌を生まれ変わらせる

デリケートゾーンの黒ずみの原因のほとんどが「色素沈着」。

黒い色素が肌に浸みこんでしまった状態です。まずは、ついてしまった黒い色素を取り除く働きかけをしましょう。色素沈着の原因はメラニン色素なので、このメラニン色素を排出&抑制すると良いでしょう。メラニン色素を排出させるためには「肌を生まれ変わらせる」ということが欠かせません。

新陳代謝を良くし、肌の細胞を活性化させ、表皮についたままになっている色素や汚れをはがしましょう。古い表皮がはがれれば、表皮の下に眠っていたあたらしい肌がでてきます。

あたらしい肌には色素は沈着していませんから、肌の産まれ変わりとともに本来の肌色に戻ることができるのです。

肌の産まれ変わりを促進させるためには、皮膚の元となるたんぱく質が欠かせません。
肉類、魚類、大豆製品、乳製品、卵が皮膚の元となります。

ダイエットや偏食でこれらの食材を食べずにいると、健康な肌が作られず、いつまで経っても黒ずみは治りません。

このほか、肌の産まれ変わりを促進させる食べ物として、ビタミンAを豊富に含んだレバー、緑黄色野菜、ビタミンEを豊富に含んだナッツ類、うなぎ等があります。サプリメントで補うこともできますが、日々の食事でこれらをまんべんなく摂ることで、少しずつデリケートゾーンの黒ずみを改善ができるでしょう。

睡眠をしっかりとってホルモンバランスを整える

栄養をしっかり補給したあとは、睡眠もとるようにしましょう。

身体は寝ているときにホルモン分泌が盛んになります。
とくに肌を生まれ変わらせる「成長ホルモン」は、寝ている間に出ています。

夜10時〜深夜2時くらいまでが、一番ホルモンが出る時期といわれており、これらの時間を「お肌のゴールデンタイム」と呼ぶひともいます。細切れ睡眠や、昼夜逆転生活を続けていると、本来出るべきホルモンが正常に出ず、肌の産まれ変わりも促進されません。規則正しい生活を心がけましょう。

乾燥対策をして、肌を柔らかくする

肌が乾燥していると、肌が固くなって生まれ変わりも遅くなってしまいます。

毛穴に汚れがたまりがちになり、余計に黒くなってしまいますので、肌はつねに潤いを持ったぷるぷるの状態にしておきましょう。

ジェルや乳液で保湿すると良いです。また、プラセンタ、カモミラエキス、ビタミンC等は肌の美白効果も期待できるので、保湿ジェルにこれらが含まれたものを選ぶとよりデリケートゾーンの黒ずみ改善に良いでしょう。

血流を良くして、肌色を良くする

血液の流れが悪いと、肌色が悪くみえがちです。
黒ずんでいるところはより黒く見えてしまうので、血行を良くするようにしましょう。

血行を良くするためには、適度な運動が欠かせません。
ウォーキングやストレッチ等、有酸素運動で、身体全身に血液がめぐるようにしましょう。

このほか、半身浴も効果的です。下半身は心臓から遠いがゆえに、血流が滞りがち。
腰〜おしり、足を半身浴で温めることで、血行も良くなりますし、毛穴が開いて汚れも出て行きやすくなります。

リラックス効果もあり、ストレスが軽減することで、ホルモンバランスも整います。
毎日は無理という方も、週に1〜2度でも湯船につかるようにしてみましょう。

熱すぎるお湯はかえって肌への刺激となってしまいますから、38度〜40度くらいのお湯に、30〜50分くらい浸かるようにしましょう。

トップへ