鼻の黒ずみ

黒ずみはデリケートゾーンだけにできるものではありません!
鼻やワキ、ひざ、ひじ、お尻といった身体のあらゆる部分で黒ずみはできます。

鼻の場合、黒ずみの原因のほとんどは「角栓」です。

毛穴に詰まってしまった皮脂や汚れが黒くなり、さらに皮脂と結びついて酸化。
つまりサビてしまうことから、黒く見えるのです。

いちご鼻

いわゆる「いちご鼻」状態になってしまった黒ずみは、スクラブ入り洗顔料を使って、汚れを掻きだすことで改善します。

また皮膚を溶かす、ピーリングも有効です。毛穴パックで角栓をくっつけてはがすという方法もありますが、鼻全体をくっつけてしまうと皮膚にダメージがありますし、角質層もいっしょに剥がれおちてしまうこともあるので、なるべくやめておきましょう。

毛抜きで汚れを抜いたり、押し出したりするのも皮膚へのダメージが大きく、炎症や痛みがでる原因にもなるのでやめましょう。角栓のケアをしたあとは、肌のバリア機能を高めるために保湿をしておきましょう。

ひじ、ひざ、お尻の黒ずみ

ひじやひざ、お尻の黒ずみの原因は「摩擦」「刺激」「圧迫」にあります。

お尻は言わずもがな、座るとつねに圧迫されたり、下着やズボンにこすれている場所。
それにひざやひじも、頬杖をついたりひざをつくことで、つねに刺激を受けています。

こういった刺激をつねに受けることで、皮膚は「強くなろう」「分厚くなろう」とします。
つまり、身体の黒ずみの原因は「皮膚が分厚くなってしまうこと」なのです。

分厚くなった皮膚は固くなってきますから、表皮も固くなり、汚れや皮脂が出て行きにくくなります。また皮膚が固いと肌の産まれ変わりの速度も遅くなり、黒ずみはどんどんひどくなるのです。

ひじやひざ、お尻の黒ずみを軽減するためには、ボディスクラブで汚れを掻きだしながら洗うと良いでしょう。また美白クリームを塗ったり、新陳代謝に良い食べ物を食べるという方法もあります。ただ、これも1日で黒ずむことがないように、黒ずみを取るのも1日では無理です。


毎日少しずつ肌ケアして、肌の産まれ変わりを促進させて、黒ずみを解消していきましょう。

トップへ