デリケートゾーンでもピーリングしていい?

ピーリングとは、古い角質や固くなってしまった皮膚
汚れを「溶かして落とす」「薬剤の力で剥がす」ことを言います。

デリケートゾーンをピーリングしよう

病院でできるケミカルピーリングのほか、自宅でも市販のピーリング剤を使ってピーリングができます。デリケートゾーンでもピーリング剤をつけることができますので、デリケートゾーンの黒ずみをピーリングで落とすことは可能です。

ただし薬剤が粘膜にかかってしまうと、ひりつきや痛みを感じることもあります。

陰部付近に塗布するときは注意して行ったほうが良いでしょう。

少しでも違和感を感じた時は、すぐにピーリング剤を洗い流して
皮膚を清潔に保つようにしましょう。

ピーリングすることで表皮が溶け、新しい皮膚がでてきやすくなります。
これにより黒ずみも少しずつ溶け落ち、きれいな肌が表面に出てきます。

ただし「早く肌が産まれ変わってほしいから」と、毎日ピーリングするのはNGです。

頻繁にピーリングして、強制的に肌を溶かすと、新しい皮膚が正常に育たないまま表面に出てくることとなり、バリア機能の弱い肌になるからです。バリア機能が弱いと、汚れや刺激に弱く、ニキビや肌荒れができる原因になります。

またピーリングした直後は肌が弱い状態ですので、必ず保湿をするようにしましょう。
ピーリングは1週間に1度くらいが目安ですが、自分の肌の調子を見ながら適宜行うようにしましょう。ピーリングにより肌荒れや炎症が起こってしまった場合は、すぐに皮膚科で看てもらいましょう。

デリケートゾーン(陰部)黒ずみ