妊娠出産で黒ずむのはなぜ?

妊娠すると、なぜか乳首やワキ、お腹が黒ずんできませんか?「なんでこんなとこまで?何もしてないのに」「これ、治るの?!」と不安な方も多いでしょう。妊娠すると急激にホルモンバランスが変わります。

とくに妊娠初期〜20週くらいは、妊娠を継続させるためのホルモンであるエストロゲンと、プロゲステロンが増えています。このプロゲステロンは、メラニン色素を作るためのメラノサイトまで刺激します。このため、身体のなかのメラノサイトが増えて、ちょっとしたことでも黒ずみができやすくなるのです。

全体的に体毛が増えて、黒ずんで見えるというひともいるでしょう。毛が増えてくるのは、母体を守るためでもあります。乳首が黒ずむのは「赤ちゃんが、乳首を見つけやすくするため」とも言われています。妊娠出産で黒ずむのは、自然なことであり、だれでも経験することなのです。

黒ずんできた部分は、出産後、ホルモンバランスが落ち着いてくると、また前の肌色に戻ります。だいたい出産後1年〜1年半くらいで、元にもどりますから安心してください。

気になるひとは美白ローションなどを使っても良いですが、乳首に塗ったりすると授乳時に赤ちゃんが舐めることになりますから、赤ちゃんが触れるところには塗らないほうがいいでしょう。

トップへ

黒ずみに関するQ&A|本当に治るのか不安な方も多いはず記事一覧

一般的に「温めるといい黒ずみ」は、毛穴に汚れが詰まっている部分です。温めて毛穴を広げることで、汚れが取れやすくなります。色素沈着によって黒ずんでいるところも、温めは効果的です。毛穴がひろがって色素沈着が抜ける…ということは、残念ながらないのですが、温めることで血行促進され、皮膚が活性化されて、皮膚の産まれ変わりを促す効果が期待できるのです。デリケートゾーンを温めることで、子宮や卵巣といった女性ホル...

黒ずんで見えるけど、実は黒ニキビだったということもあります。黒ずみは、肌全体が黒っぽく見えて、境目がありません。黒ニキビのほうは、一部分だけぽつぽつ黒くなっているので、ニキビと分かりやすいです。黒ニキビと黒ずみは、できる原因も異なります。黒ずみは衣類とのこすれなどの刺激により、メラニン色素が沈着してできるものですが、黒ずみは毛穴のなかに皮脂や汚れが詰まって、それが酸化して黒っぽくなってできます。毛...